インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラン

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。

せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。

障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。