インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

残念ながら、インプラント治療は保

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

安くできるケースで十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

それでも、相場はあると言えます。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場です。

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。