インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

多くの方にとって、インプラント治

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費と考えてください。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。