インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

理由は様々ですが、希望すれば

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療可能になっています。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。