インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前にチェ

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、命に関わる大事な問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。