インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯の危険性は、インプラントには

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。