インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始めることはおすす

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。