インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。

そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。