インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々な条件から、普通のインプラン

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。

担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。