インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

初めてインプラントの説明を聞い

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。

あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。