インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが固定され、義歯が不自由な

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジでもいいですよと言われましたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。