インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は高額になることを知っておいてください。

健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。

現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。