インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療は、まず何が大切かという

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

そうなる理由として、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。