インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじま

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが重要なチェックポイントになります。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。