読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。