読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

少数の歯の欠損に対する治療とし

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。