インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは十分可能になりました。

近年市民権を得てきたインプラント

人工歯の組成には、多くの場合、セラミックが使用されています。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。