インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近よく耳にするインプラントは、

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。