読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかか

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数にも影響が出ます。

数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。