読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

長い治療期間を経てやっとイン

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。