読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がか

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないという点にも注意が必要です。

虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。

健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。