読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。

入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。