読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

残念ながら、インプラント治療は保

残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。