インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。