読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプ

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。