インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医にインプラント治療をすすめられる

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。