読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術では、人

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。

どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。