インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。全身麻

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。