インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中でも、インプラント治療が難

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。