読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくな

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。