読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

様々なインプラント治療の問題点を聞いたことが

様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。