インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはありま

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。