読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

検査には問題ないのです。

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。