読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからしば

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療可能になっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。