読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

最近話題になることも多い治療法であるインプ

最近話題になることも多い治療法であるインプラント

ですが、難点もあるということに気を付けてください。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。

インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。