読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療を始める前にチェックするこ

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでください。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。

きちんと歯科医に相談することが大事です。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。