読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな完璧なインプラント治療

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

日々のケアが欠かせません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント

その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。