インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でな

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにそのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。