読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始める

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。