インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ご存じの通り、インプラント治療は保険は

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

一本のインプラント治療にかかる費用は標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。

メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。