インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術が成功し、義歯が使えるようにな

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病などのリスクが増します。

インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。