読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の成果を左右する生活習

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。