インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯としてのインプラントは安定した

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。