読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30

一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の費用を支払うことになります。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので早急に診察してもらわなければなりません。