読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

1年近くもかけてインプラントを定着さ

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

ただし、問題なく医療費控除を受けられます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。