インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気に

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。