インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントはメリットの大きい治療法です。け

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。