インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプ

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。