読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術が成功し、義歯が使えるようになっ

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。