インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。